yyyoxのブログ

人生迷走中(?)の社会人の日記。

断捨離

いきなりですが、今回は私の断捨離記録です。

 

就活に対するモチベが低いのと、

先生からやる気が出るまでは充電期間だと言われたことで、

「よし、明日(9月7日)は断捨離・片付けの日にしよう」と一昨日決めました。

 

まずはこれまでの片付けについて。

実はだいぶ前(3月)に片付けの本を買っていました。

こんまりさんの例の本です。

 

その本を買って読んで、すっごい片付けたくなって、

数日後に、本の方法に沿って服を片付けました。

 

最終的には、ときめく服とそうでないものに分類できました。

ときめくものだけタンスに直しました。

そうでないものは以下のようになりました。

・絶対もう売ったりできないもの→捨てる

・売れそう、譲れそう→保管(クローゼットの奥へ)

 

タンスの中は余裕が生まれたのですが、結果的にタンスの外、クローゼットの中にはまだまだ服がいっぱい状態のまま、私の片付けブームは幕を閉じました。

 

 

次は本を片づけたい欲が沸いた

そして、半年ほど経った今、また片づけ欲が沸きました。

例のこんまりさんの本をまた取り出し、パラパラと読む・・・。

以前、服に一度手を付けたこともあり、また服を片付けるのは気が重い。

ということで、本を片付けることにしました。

 

汗だくになりながら、本棚から引き出しから屋根裏部屋から、

いろんなところから、本を引っ張り出してきました。

 

そして、ときめくかどうかを判断していきました。

本当に家の中から不要な(ときめかない)ものを出していきたくて、

迷いながらもなんとか分類を終えました。

 

処分するぞ

前回の反省点としては、不要な服が出た際に、処分の仕方がわからずそのままにしていたことが挙げられます。

そこで、本の買い取りサービスを調べてみました。

比較サイトとかもあって、どこのサービスを利用するかすごく迷いましたが、

お金が欲しいというより、処分したい気持ちのほうが強く、

あまり迷いすぎず人気そうなサービスを選び申し込んでみました。

 

そして、買い取りされなさそうな本について。

近所のスーパーに古紙回収してくれるところがあるので、そこへ持っていきました。

紙袋に古本を詰めて、大体2kgくらいかなーと思いながら自転車へ。

 

余談ですが、私は5年くらい前から自転車をほとんど使用しておりません。

よって、タイヤが死んでいます。

以前、自転車屋さんにタイヤの空気を入れに行ったとき、「これ、タイヤのチューブ全部取り替えてくださいね!?」とちょっとキレ気味に注意されました。

(それ以来そこの自転車屋さんには行ってません。)

自転車屋さんに行ってないどころか、余計自転車に乗らなくなったんですけどね。笑

 

大体2kgの古本を抱えていくには少し遠いスーパー。

例の自転車のカゴに乗せて押していくしかありませんでした。

 

自転車のタイヤは予想通りぺったんこ。笑えます。

結構恥ずかしかったです。昼間なのであまり人はいませんでしたが。

 

そして、やっと古本の処分。

処分する際、重さがわかるのですが、なんと、12kgでした。笑

(全然重さ感覚ない・・・!!) 

 

ともあれ、いらないものを処分することはとてもすっきりしますね。

また、時間を取って、本以外も断捨離していきます。

 

「いつでも家を出ていける」レベルを目指しています。

 

まだまだ書類の整理とかが残っているので、

また古紙回収のところに持っていくつもりです。

タイヤぺったんこの自転車、まだ使い道ありますね。