yyyoxのブログ

人生迷走中(?)の社会人の日記。

ゼミの話と、忘れていた記憶について

またモヤモヤしています。

 

昨日は久しぶりに大学に行きました。

 

正式なゼミの時間は昨日が最後だったので、

先生を交えてお菓子食べて喋る打ち上げをしました。

2年このゼミでやってきましたが、本当に早かったです。

 

いつも通り、私はおとなしくしていました。

就職の話題も何回か出てきていたのですが、私に関しては全く話題にあがりませんでした。

私が一旦就活をやめて休学する、と報告してから、飲み会や旅行などありましたが、全然誰も私の進路について話をしてこない状態でした。

最後になる今日も、全く話を振られず、少しさみしい思いをしていました。

 

そのことについて考えていて、帰ってから母にも話してみました。

以前、私がゼミの教室で泣いたことがあるので、「また泣かれたら困る」と思われてるんじゃない?と母に指摘されました。

みんな気使ってるのかな、とは思っていたものの、「また泣かれたら困る」という言葉は結構ショックです。(あくまでも母の作った言葉ですが)

 

あー、でもそうかもしれない。そりゃ困るよ。

私が話のどの部分で泣き出すかわからないもん。

みんな内心私に接するの避けてるのかな。

まさに腫物にさわるように、という言葉がぴったりだ。

とか、いろいろ考えていたらしんどくなりました。

今もまだモヤモヤしています。

 

あと、要領良い、コミュ力がある、と思っていたゼミ生。

ほんと要領良いよね、という話題に。

 

彼は周りと比べて自分の学力の低さに焦りを感じたらしいです。

そして、わからないことは人にどんどん聞いて、教えてもらったらヨイショする。

最近、素直に人に聞いてきちんと相手を立てようみたいな記事を読んだことがあったので、彼がそうなのか!とめちゃくちゃ納得しました。

みんなの知らないところでそういうことしてたんだな。

世渡り上手そうだね、と先生に言われていました。

ゼミ生全員納得してました。

 

ゼミに行くのを毎週楽しみにしていた時期がありました。3年の後半かな。

それなのにいつしかゼミで苦しむことが多くなっている気がします。

 

ほんとは私はみんなが思っているような人間じゃないんだ、って気持ちがずっとあるような感じがします。

暗い、大人しい、つまらない、まじめ、静か、とか思ってるでしょ。

そりゃ、そういうところもあるけど、それだけじゃないから、って。

 

ゼミで友達作りたい、高校のときみたいに仲良くしたい、とゼミに入る前は思っていました。

でも、ゼミ生は「ゼミ生」で、「友達」とは違う感じがします。

 

私はやっぱり周りからどう思われているかを気にしすぎてますね。

そして、自分のことが好きになれない受け入れられない

(要領良い彼は、学力が低い自分を受け入れて、そのうえでどうすればいいか、という対策を立てていたんだと思います。)

「嫌われる勇気」とかで読んだやつだ、自己受容だ、と気づきました。

自分のことが、好きになれない。その前に、自分がどういう人間なのかということが分かっていないんでしょう。

 

 

それから、ゼミの話とは関係ないのですが・・・

打ち上げ中にふと思い出したことがありました。

それが、小学生のときの出来事なんです。(何年生かは不明)

ずっと忘れていたのに、ほんとになんの前触れもなく思い出しました。

 

私の上履きがなくなっていた、という出来事です。

 

朝登校して、上履きに履き替えようと思ったら、ない。

(先生か誰かを呼んで?)探してみると、掃除用具入れ(ごみ箱?)に自分の上履きがあった。

もちろん傷ついたけれど、(半泣きだったかもしれないけど)そのまま上履きに履き替えて、教室へ向かいました。

取り乱したり、「誰か私をいじめている!誰!?」と思ったりはありませんでした。

ほぼ無反応だったからか、上履きが隠されていたのはその1回きりでした。

 

ということを思い出して、昨日ちょっと興奮?してました。

客観的にみれば結構ショッキングな出来事なのに、このことをずっと10年くらい?忘れていたってことと、それをいきなり思い出したこと。

これがなんだかすごく面白いというか。

 

今思い出したことになにか意味があったんでしょうか。

 

私って結構そういうところ鈍感なんですかね。

人からよく思われてない、とかそういう気を察知できないのかな?

 

【追記】

こういうことがあった日の翌日は無気力になる。

今なら、全然勉強する気にならなくて、掃除したり、心理系、自己啓発系の文章を読みたくなる。

パッと切り替えできない。